クロスリスティングDMP | データマネジメントプラットフォーム

ホーム > データマネジメントプラットフォーム クロスリスティングDMP
データマネジメントプラットフォーム クロスリスティングDMP

クロスリスティングDMPとは

クロスリスティングDMPは、ユーザーに紐づいた大量の検索データを元に、「ユーザー分析」「ターゲットセグメント作成」「ターゲットリストの外部受渡し」が 可能な国内唯一のDMP(データマネジメントプラットフォーム)です。

弊社が提供する「ターゲティング広告サービス」「マーケティング分析サービス」「ディレクトリ検索サービス」は、「クロスリスティングDMP」を プラットフォームとして採用しておりますが、外部連携によりクロスリスティングDMPを外部の事業者様にご利用いただくことも可能です。

サーチリターゲティングの仕組み

ご興味がございましたら、マーケティングツール事業者様、広告代理店様、広告主様等、業態・業種を問わず、まずはお気軽にお問い合わせください。

クロスリスティングDMPの利用、ツール連携

クロスリスティングDMPの特徴

一般的なDMPは、主なデータとして、サイト訪問先のURL履歴を用いて、興味関心を分析しますが、
クロスリスティングDMPは、ユーザーの興味関心や検討内容がダイレクトに反映される 「検索キーワード」を用いるため、 具体的でより細やかなインサイト分析やターゲティングが可能です。

  一般的なDMP ※ クロスリスティングDMP
主要なデータ サイト訪問のURL 検索キーワード
対象ユーザーの規模 多い 多い(約3000万UU/月)
データの粒度 粗い 細かい
運用の柔軟性 低い
(興味関心カテゴリが
あらかじめ決められている)
高い
(キーワードリストで
グループを自由に作成可能)

※サイト訪問のURLを主要データとして扱っている一般的なDMPの場合の傾向を記載していますが、事業者により異なります。

保有する検索データについて

REMORA Listing提携パートナー

goo、ocn等のREMORA Listing提携サイトにおける検索データを豊富に保有しております。

提携サイト一覧はこちら
※一部パートナーのログは使用しておりません。

国内インターネットユーザーにおけるカバー率

クロスリスティングDMPの検索データは、国内インターネットユーザー(モバイルを除く)の約3割をカバーしています。

■UB数: 2500万~3000万UB/月 ■国内インターネットユーザーカバー率  約3割

クロスリスティングDMPの利用、ツール連携

このページのTOPへ