ホーム > 検索ワード分析 > 想定事例

想定事例 | 検索ワード分析

検索データ解析検索ワード分析
想定事例

【Case1】 商品購入者のニーズ分析によるサイト改善

■分析方法
・webサイトに分析用のタグを設置し、購入者と非購入者を判別
・各ユーザー群の関心の推移と、関心カテゴリを比較
■分析結果
・購入者は、非購入者に比べて「カテゴリA」に関心の高いユーザーが多いことを発見
・潜在的に「カテゴリA」に関するニーズを持っているユーザーは購入意欲が高いという仮説を立てた
■分析後のアクション
仮説を検証するため、webサイトに「カテゴリA」に関する特別コンテンツを作成し、
コンテンツ閲覧ユーザーと非閲覧ユーザーでの購入率の違いを比較
コンテンツ閲覧ユーザーのほうが購入率が1.5倍高かった
商品ページや広告クリエイティブにも「カテゴリA」の訴求を展開し、商品の売上増加につながった

【Case2】 意思決定要因の分析による広告効果改善

■分析方法
・webサイトに分析用のタグを設置し、初回訪問~商品購入期間の検索キーワードを抽出
・サイト訪問前の「潜在期間」とサイト訪問後の「検討期間」の関心ワード・カテゴリを比較
■分析結果
「潜在期間」では機能に関するニーズが多く、「検討期間」では価格比較をしている
ユーザーの割合が高まっていた
■分析後のアクション
リーチ系の広告では「高機能」を訴求し、リターゲティング広告では「低価格」を
訴求するクリエイティブとした
・オンライン広告経由の購入者数が20%アップし、費用対効果も改善できた
・サイト訪問~購入までの平均期間が10%短くなった

検索データ活用 検索ワード分析