クロスリスティングDSPとは | ディスプレイ広告クロスリスティングDSP

広告配信サービス

ディスプレイ広告クロスリスティングDSPユーザーの検索キーワードをもとに
ターゲティングができる広告配信サービスです。

クロスリスティングDSPとは?

クロスリスティングDSPは、大量の検索データを保有するクロスリスティングDMPとの連携により
「サーチリターゲティング広告」が配信できるという特徴を持ったDSP(デマンドサイドプラットフォーム)です。
もちろんサイトリターゲティングも配信できるため、「サイト訪問ユーザー」と
「広告主の商品について検索しているユーザー」という非常に精度の高いセグメントを作成して、
RTB(リアルタイムビッディング)により様々な媒体の広告枠にディスプレイ広告を配信することができます。

広告主とユーザーを繋ぐ
サーチリターゲティング広告

ユーザーの検索キーワードをもとにターゲティングができる広告配信手法です。 ユーザーの興味関心や検討内容がダイレクトに反映される 「検索キーワード」をベースにしているため、具体的で細やかなニーズに合わせて広告を配信することができます。

広告主とユーザーを繋ぐサーチリターゲティング広告広告主とユーザーを繋ぐサーチリターゲティング広告

国内インターネットユーザにおける
カバー率

クロスリスティングDMPの検索データは、
国内インターネットユーザの約3割をカバーしています。

国内インターネットユーザにおけるカバー率国内インターネットユーザにおけるカバー率

ターゲットに応じた戦略的な運用

クロスリスティングDSPは、キーワードで購入意欲やニーズの顕在・潜在等の具体的なターゲットセグメントを作成できるため、各ターゲットに合わせた戦略的な広告運用を可能とします。

ターゲットセグメント別の運用方針

ターゲットセグメント別の運用方針ターゲットセグメント別の運用方針