検索から見えるオーディエンス分析記事一覧

サイト訪問者の“気持ち”を見える化する方法!

検索から見えるオーディエンス分析

サイト訪問者の気持ちを見える化

 オンラインマーケティングにおいて、サイト訪問者のニーズや興味関心を理解することはすごく重要ですよね。多くの場合、アクセス解析ツールなどを利用してリファラーワードを取得し、分析しているのではないでしょうか。
 リファラーワードはサイト訪問直前の検索キーワードのため、直接的なニーズを調べるには非常に有効だと思います。しかし、サイト訪問直前以外の、言わば日常的な関心事まではわかりませんので、ユーザー像を推察することは難しいですよね。

 例えばですが、自社サイトを訪問したユーザーについて、
 1. どんなことに興味・関心のある人なのか
 2. どの競合とよく比較しているのか

 といったことがわかるとしたら、より効果的なマーケティング施策を考えられると思いませんか?

 実は、クロスリスティングが2014年3月にリリースした、キーワードウォッチャーの「関心ワード」機能を使うと、サイト訪問ユーザーの興味関心が見えるようになるんです!今回は、実際にどんなデータが見られるのか、関心ワードのサンプルをご紹介します。

<関心ワードについて>
・「関心スコア」は、一般的なネットユーザーに比べて、関心が何倍高いのかを表す指標です。
・サンプルはサイト訪問ユーザーではなく、任意のキーワードを検索したユーザーを対象とし、関心ワード機能と同じ方法で集計しています。

「引越し」検索ユーザーの関心ワードTOP10

 関心ワードをリリースした3月の検索データを見てみました。3月と言えば引越しシーズンですね。さて、引越しを考えている人はどんなコトに関心が高いのでしょうか。

キーワード 関心スコア
1 ケーズデンキ 53
2 ニトリ 47
3 クロネコヤマト 36
4 ヤマト運輸 22
5 郵便番号検索 21
6 ニッセン 20
7 JR 19
8 三井住友銀行 16
9 無印良品 16
10 OCN 12

 家電、家具、インテリア、引越し業者、ネット回線などなど、いかにも引越しを考えている人が検索しそうなキーワードという感じがしませんか?もしかしたら「そんなの当たり前」と思う方もいるかもしれませんが、関心ワードの中には、想定していたキーワードもあれば、まったく予想できないようなキーワードもあります。「引越し」のケースはどちらかというと想定しやすいキーワードが上位になっていますね。

「ダイエット」検索ユーザーの関心ワードTOP10

 では次に「ダイエット」というキーワードで検索した人の関心ワードを見てみましょう。こちらも先ほどと同様、3月の検索データを使用しています。春に向けてダイエットをしようをしている人たちは、どんなことを調べているのでしょうか。

キーワード 関心スコア
1 マラソン 274
2 カード 269
3 プレゼント 266
4 ビール 257
5 フルーツ 249
6 スーツ 237
7 ワイン 235
8 ラーメン 227
9 カラオケ 180
10 レシピ 156

 おや??てっきり「●●●ダイエット」など、やせる方法に関するワードが上位にくると思ったのですが。ビール、ワイン、ラーメン、カラオケ、、、う~む、ダイエットとは反対の意味を持つキーワードが並んでいるような。。。

 この関心ワードからユーザー像を考えると、「ダイエット」を検索した人はお酒・食事・遊びを楽しんでいる人と言えそうです。そして、ついつい楽しみ過ぎてしまった体をなんとかしたいと思っているのではないでしょうか。色々なことにアクティブで、好奇心旺盛な人柄が浮かんできます。このように仮説を立てて考えると、リスティング広告やSEOのキーワード選び、ディスプレイ広告や動画広告の表現コンセプトほか、さまざまなコミュニケーション設計に活用できます。

 さあ、あなたのサイトを訪問した人はどんなことに関心が高いのでしょうか?気になる方はぜひキーワードウォッチャーの「関心ワード」機能を使ってみてください。
関心ワードだけでなく、もっと突っ込んだ検索ワード分析をしてみたい場合は、下記フォームよりお問い合わせください。

 では最後にクイズです。下記のワードは、2014年3月にあるキーワードで検索したユーザーの関心ワードです。さて、そのキーワードはいったい何でしょう?

キーワード 関心スコア
1 新幹線 83
2 格安航空券 67
3 レンタカー 49
4 高速道路 48
5 ホテル 39
6 JR 38
7 JR東海 38
8 JR九州 34
9 JR西日本 33
10 羽田空港 33

答えは次回の記事で発表します!お楽しみに!

トップ画像引用元:Image courtesy of pakorn / FreeDigitalPhotos.net

関連サービス
問い合わせ

▼記事に関するご質問、サービスについてのお問い合わせはこちら

この記事を書いた人
KANAI
KANAI
以前は紙媒体の広告制作に携わっていたが、2009年にクロスリスティングにジョイン。インターネット業界に転職したきっかけは「自分の作った広告が、誰に見られ、どんな反応をもたらしたのか」を知りたかったから。現在、レモーラリスティングの運用コンサルティングや検索ログ分析を担当している。