SEO
記事一覧

【SEO基礎知識】検索結果が作成される際のプロセスとは?

SEO

スクリーンショット 2013-10-08 15.23.43

 前回の記事では、SEOの役割と重要性についてお話ししましたが、今回はさらにほんの少しだけ踏み込んで、「検索結果が作成される際のプロセス」についてお話ししたいと思います。

検索結果はどのようにつくられるのか

 検索結果は、以下の3つプロセスを経てつくられています。
検索結果のプロセス2

1.クローリングとは

検索エンジンのクローラーがWebページを巡回して、新しいWebページを発見していく行動のことをいいます。

2.インデクシングとは

クローラーにより発見されたWebページを、検索エンジンのデータベースに登録し、必要な時に呼び出せるようにすることをいいます。
イメージとしてはフォルダ分けされたキャビネットのようなものを想像していただくと良いでしょう。

3.クエリプロセスとは

検索エンジンを利用するユーザーが、検索窓に入力したキーワードに基づき、インデクシングされた情報を用いて、検索結果として画面に表示させることをいいます。

自分のサイトがクローリング・インデックスされるためのテクニック

 検索エンジンに登録するには、まずページがクローリングされることが必須となります。
検索エンジンのクローラーは、基本的にリンクをもとに、ページを巡回していきます。そのため、道しるべとなるリンクがとても重要です。基本的には、既にインデックスされているページからリンクを張ることで、クローラーを誘導することができます。

 他にも、検索エンジン側に新しいページを申請しクロールしてもらうという方法もあります。例えば、Googleのウェブマスターツールにサイトマップを送信したり、ブログでpingを投げるといった方法が挙げられます。
※用語やテクニックについては、今後詳しく解説していきます
 
 しかし最近では、検索エンジンは頭がいいので、ほっといてもなんだかんだで上手にクローリングしてもらえることも多いのが現状です。そのため、このあたりは、あまり必死になりすぎなくてもいいのかもしれません。もちろん基本をおさえておくに越したことはありませんが。

自分のサイトがインデックスされているかを確認する方法

Googleで「site:●●(調べたいサイトのドメイン)」を使用して検索する

- 例:http://www.xlisting.co.jpのインデックスを調べたい場合 -
インデックスの確認方法
上記のように、「site:●●」で検索することでインデックスされているページが確認できます。

SEOの効果をもっと上げるためには

 もちろんインデックスされたページであれば、検索結果に表示されるため、検索エンジン経由の誘導が期待できます。ですが何も意識せずに作ったページでは、誘導効果が弱かったり、誘導するユーザーの属性がばらけてしまったりして、思ったほどの効果が期待できなかったりするかもしれません。

 ではどうすればいいのでしょう?
実は、SEO効果を上げるには、ターゲットワードに最適化したページを作成することが必要です。

 自分のサイトのターゲットとするユーザーが検索を行う際に、どのようなキーワードを用いるかを想定し、そのワードでの検索結果に表示されるようにページを作成する際にターゲットワードを含めてページを構成することが重要となります。

具体的には……

・記事のタイトル・サイトタイトルにターゲットワードを含める
・本文中でもターゲットワードを使用する(適度に、あくまで自然な形で)
・本文中のターゲットワードを<strong>タグなどで強調させる
・そのページへのリンクのアンカーテキストにターゲットワードを含める

などなど

 上記を意識してページを構成することにより、検索エンジンに「このページは●●についての情報が充実していそうだ!」と認識してもらえる可能性が高くなります。
ぜひ試してみてください。

結局のところ、SEOでもっと大切なことはコンテンツを魅力的なものにすること

 そうは言いつつも、ターゲットワードを含めることでSEO効果が高まるからといって、不必要にターゲットワードを含めすぎるのは考えモノです。

 なんといっても第一なのは、ユーザビリティやコンテンツを充実させ、ユーザーにとって魅力的なコンテンツを提供することです。
それにより、検索エンジンからの評価が高くなる可能性も高まりますし、閲覧したユーザーが他の人にも紹介するために自然な形でリンクを獲得でき、自然とSEO効果が増大されていくことが期待できます。

上記の内容を念頭において、効率的にSEOを行っていきましょう!

問い合わせ

▼記事に関するご質問、サービスについてのお問い合わせはこちら

この記事を書いた人
Rachel
Rachel主に広告審査を担当。
好きなスイーツはまるごとバナナ。