リスティング広告
記事一覧

リスティング広告は運用次第でコンバージョン数を増やせます! 成果に繋げるレポート確認

リスティング広告

listing report

 リスティング広告は運用型広告と定義されているように、掲載開始後の運用により効果を上げていく広告です。逆に言えば、掲載開始後、ほったらかして効果をあげられることは稀とも言えるでしょう。

 レポートから得られる情報を正しく把握し、問題点を見つけ出せなければ、効果的な広告運用はできません。

 今回は、コンバージョンに繋げるレポートの見方をご紹介します。

レポートから読み解く効果の改善方法

 まず、効果を正しく把握するために確認すべき3つの指標をご紹介します。

1. 表示回数(インプレッション数)

インターネットユーザーに広告が表示された回数。

2. クリック数

インターネットユーザーに広告がクリックされた回数。

3. コンバージョン数

「商品の購入」や「資料請求」「会員登録」など、ウェブサイトで獲得できる最終的な成果を達成した回数。※コンバージョン測定には、広告媒体のコンバージョン測定タグをコンバージョンページ(入力完了ページ等)に設置する必要があります。

【図1】
リスティング効果改善のためのレポートの読み解き方

 リスティング広告でコンバージョンをより多く獲得するためには、広告の表示回数、クリック数を増やす必要があります。1回の広告表示で1件コンバージョンが獲得できると理想的ですが、実際にはそうなりません。成果に至るまでに訪問者の多くがウェブサイトから離れていくためです。

コンバージョン数を増やすためには

 それでは、指標の変化から何を読み取り、どのような対策を行えばコンバージョン数を増やすことができるのでしょうか。

 下の図は広告表示からコンバージョンに至るまでの推移を表した図です。

【図2】
リスティング広告表示からコンバージョンにいたるまで

 コンバージョンを獲得するまでには「表示回数」「クリック率」「クリック数」「コンバージョン率」などの指標に影響を受けることが分かります。
 つまり、それぞれの指標は連動しており、上位階層の数値を高めることで下位階層の数値も高めることができるのです。

 「コンバージョン数」を増やすためには、上位階層の「クリック数」と「コンバージョン率」の向上を目指します。

1.クリック数(ウェブサイトへの訪問数)を増やす

 広告のクリック数を増やすためには、「表示回数を増やす」方法と「広告のクリック率を高める」方法があります。

 表示回数を増やすためには「キーワードを追加する」「クリック単価(CPC)を上げる」「予算を増やす」など、【図2】のスタート地点のボリュームを増やすことでコンバージョン数の増加を図る方法があります。特に、コンバージョン率もCPA(1件のコンバージョンを獲得するためにかかるコスト)も目標に達しているのに、コンバージョン数が目標に届かないという場合は、検索数の多いキーワードを登録して、表示回数の確保を図りましょう。

 広告のクリック率を高めるためには「広告文に登録キーワードを入れる」「広告文のABテストを繰り返す」などの方法があります。広告文の改善方法については、前稿「リスティングの広告文は少しの違いが大きな違いを生むんです!」で詳しくご紹介しておりますのでご確認ください。

2.コンバージョン率を上げる

 コンバージョン率を高めるための方法としては、「広告文を見直す」方法や「ランディングページ(広告をクリックした時に表示するページ)自体を見直す」方法などがあります。

 往々にして、高いクリック率で集客できていても、コンバージョン率が低いといったことが起こります。原因としては、広告文とランディングページの内容が一致していないため、コンバージョンに繋がる見込み客を効果的に誘導できていないことが考えられます。目を引く広告文でランディングページに誘導するよりも、自社サービスを利用するメリットを誠実にアピールする広告文の方が、結果としてコンバージョン率を上げる効果が期待できます。

 また、ユーザーがランディングページに訪問してからコンバージョンに至るまでのページに問題がある場合もあります。ページの内容が分かりづらかったり、入力フォームに必要以上の項目があり面倒などといった問題です。Google Analyticsなどの解析ツールを活用し、ボトルネックとなっているページがないか確認すると良いでしょう。

最後に…

 「思うように広告効果を改善できない」という声には、次のような共通点があります。

・短期間のデータを見て、その場その場の対応をしている。
・目標値を決めなかったため、ゴール地点がわからなくなった。

 策を打つ時はまず、改善ポイントや目標を事前に決め、じっくりとレポートを観察することが大切です。短期間のデータで効果の良し悪しを判断することも、あまり好ましくありません。1ヵ月間、季節ごとなど、予め期間を想定してからの施策であれば目標値に対しての効果も検証しやすく、結果を次につなげることができます。

 価値のある改善策を打ち出していくためにも、レポートから得られる情報を整理し、正しく理解することを心がけてください。

トップ画像引用元:Image courtesy of ddpavumba / FreeDigitalPhotos.net