webマーケティング全般
記事一覧

Webマーケティングの担当者になったらまず考えたいこと

webマーケティング全般

webmarketing-1

Webマーケティング・デジタルマーケティングの最新情報はウェブ上で多く収集することができます。しかし、それらを順序立ててノウハウとして受け取れる場所は案外少ないというのが実情ではないでしょうか。

そこで「マーケティング-X」では、Webマーケティングを体系だてて、SEOやリスティング、そして最新のアドテク事情など、いくつかのカテゴリに分けて解説していきます。

この「Webマーケティング全般」では、

・どのようにWebでマーケティング施策を組み立てていくか
・それぞれのマーケティング手法をどのように使い分けていくのか

などを、順序立てて説明していきます!
 
 

マーケティング戦略の中で、Webマーケティングの目的と目標を考えよう

Webマーケティングの担当者になったとき、まず何から始めたらよいでしょうか?

マーケティング全体を俯瞰しよう

まず、「ウェブ」という枠だけにとらわれず自社マーケティングの「全体」を俯瞰してみることが大切です。
あなたの会社におけるマーケティング全体を俯瞰したとき、Webマーケティングではどういった役割を担うべきなのか、誰を対象にマーケティングを行う必要があるのかを考えましょう。
例えば以下のような目的が考えられます。
・認知度向上・商品理解度のUP
・オンラインショップでの売上UP
・実店舗への誘導

マーケティング全体からWebマーケティングの役割を考える

このように目的を明確にすることで、実際にどのような施策をプランニングするべきなのかが見えてきます。
 
 

目標を設定しよう

目的がはっきりしたら、目標の数値を具体的に設定します。

目標は、市場規模やこれまでの売上などから考えると良いでしょう。
実際にどのぐらいの数を見込めるのかを考えるのは難しいところではありますが、実施後に振り返りをして改善(いわゆるPDCA)をしていく際、その数値が拠り所になるため、目標設定は非常に重要です。
施策の中で、目標数値が明らかにおかしいと分かった場合は、目標数値を変えても良いでしょう。その活動こそがPDCAになっているからです。

目標には、マクロ視点とミクロ視点での立て方があります。
マクロ視点では、大きな枠組みとしてどのくらいの数を取りたいかを考えます。
「市場全体のうち10%のシェアを取りたい」とか
「自社の売上目標のうち20%を取りたい」とか
そういった数字です。
逆にミクロ視点では、どういう施策を行ってそれぞれ何件獲得したいかを積み上げた合計の数字となります。

Webマーケティングの目標設定2

では実際に、この目標を達成するための施策にはどのような種類があるのか?次回はWebマーケティングの各手法とその特徴について紹介していきます!
 
 

今後の目次(予定)

★Webマーケティング手法の特徴
・・・Webマーケティング施策の各手法と特徴
★集客のプランニング
 ユーザーシナリオを考えよう
・・・Webマーケティングのプランニングを考えよう
★具体的な目標のたてかた(KPI・KGI)
・・・Webマーケティングに欠かせない!KPI・KGIの考え方って?
★PDCAってどうまわす?
 計測・分析をしよう
 分析から見えてくる改善点
・・・PDCAをうまく回していくために、Webマーケティング担当者が気をつけたいこと

★「Webマーケティング」から「デジタルマーケティング」へ

問い合わせ

▼記事に関するご質問、サービスについてのお問い合わせはこちら

この記事を書いた人
カヲルくん
カヲルくんMarketing
プロモーション活動や営業活動をおこないながら、デジタルマーケティングを日々勉強中。将来の夢はミステリーハンターになってスーパーかをる君人形をこしらえること。