webマーケティング全般
記事一覧

Webマーケティングに欠かせない!KPI・KGIの考え方って?

webマーケティング全般

KPI

Webマーケティング全般 これまでの記事では、
目的と目標の設定
Webマーケティング施策の種類と特徴
プランニングの考え方
を見てきました。
今回は、「KPI」と「KGI」について考えていきましょう。

 これまでの記事の中でも、まず「全体の目標」を決めてから細かい目標を設定しよう、というお話をしてきましたが、今回はより具体的な話をしていきたいと思います。
 Webマーケティングの世界では、指標として2つの種類が挙げられます。それが「KPI」と「KGI」です。
KGI(Key Goal Indicator)はもっとも重要な指標で、いわば「ゴール」にあたるものの達成度合いをはかります。
KPI(Key Performance Indicator)は、KGIを達成するための中間プロセスにおいての状況をはかるための指標です。

 最終的な目標(KGI)を達成するためには、それぞれに中間指標となるKPIをもうけ、その達成度合いを見ていくことで、どこがどれだけ作用しているのか、何がたりないのかを数値化して見ることで、改善をはかることができます。

KGIとKPIの立て方

 KPIや施策を組み立てるにあたっては、前回ご紹介した「ロジックツリー」などをつかって洗い出しをしながら考えていくとよいでしょう。
KPIのロジックツリー
 前回用いたロジックツリーでの洗い出しでは、「ターゲットワードの流入数が少ないこと」「申し込みページの離脱率が高いこと」が分かりました。これらを改善するための指標を設けてみましょう。

【KGI】

オンラインの売り上げ 20%UP

【KPI】

・SEOによる訪問者数 9%UP
・申し込みページの離脱率 5%改善

それぞれのKPIを積み上げていくと…こうなる!

 例えば、SEOの改善により訪問者数を9%UP、申込ページの改善により離脱率5%改善とKPIをたてた場合…

現状:
訪問者数100×(100%-離脱率50%)×顧客単価2,000円=10万円

目標:
訪問者数109×(100%-離脱率45%)×顧客単価2,000円=約12万円

 売り上げにすると、20%UPとなります!
 いかがでしょうか?このようにKPIをこつこつと積み上げて施策を考えていくことで、最終的な売り上げが見えてきますよね。これら指標を明確にしていくと、Webマーケティングをやるうえでのモチベーションにもつながってくるのではないでしょうか。

KPIから施策の洗い出しを行う

 上記のようにKPIを設定したら、各KPIを達成するための施策を洗い出していきます。

ターゲットワードでの流入数を増やすためには…
・ターゲットワードの見直し(検索ボリュームが多いワードへの変更やワード追加)
・HTMLタグの見直し(H1、H2タグの見直し)
・コンテンツ内の文言の見直し(ワードを増やしたり、文章を変えたり)
・スニペットやタイトルの見直し(検索結果のCTR改善) など

申し込みページの離脱率を改善するためには…
・フォームの入力項目の見直し
・住所の自動入力化 などの、エントリーフォーム最適化の実施 など

KGIとKPI設定の注意点

 KPIは実際に行う施策の内容をふまえて、具体的かつ実行できる内容かどうかを考えながら設定していきましょう。影響の大きいものから優先順位をつけて施策を行っていくことで、効率的にPDCAをまわしていくことができます。

 またリスティング広告などでよく陥ってしまうのが、「CPA」のみを成果指標として見てしまう(KGIとしてしまう)こと。CPAを死守したいがために、CV数の増加施策が打てなくなってしまうことがあります。「CPA」はあくまでKPI、指標のひとつと捉えたほうが良いでしょう。

 大切なのは最終的な「目標」が達成されるかどうか。
KPIは最終的なゴールである「KGI」を達成するための、「中間指標」にすぎません。KPIが達成されたことで満足しないようにしましょう。場合によっては、KPIが目標の数値に達成してもKGIにつながらない可能性も考えられます。そのため、つねに「KGIを達成するために、何をすれば効果があるのか」を考えてKPIの設定を行っていくことが重要です。

設定したら、PDCAを回しまくる!

 KPIをもとに施策を組み立てたら、実際に実行してみてそれが当初の目標とどの程度差異があったのかといった結果を見て、PDCAをまわしていきます。
 次回はそのPDCAについての記事をお送りします!

Image Courtesy of ddpavumba /FreeDigitalPhotos.net

問い合わせ

▼記事に関するご質問、サービスについてのお問い合わせはこちら

この記事を書いた人
カヲルくん
カヲルくんMarketing
プロモーション活動や営業活動をおこないながら、デジタルマーケティングを日々勉強中。将来の夢はミステリーハンターになってスーパーかをる君人形をこしらえること。