クロスリスティングDSPとは | ディスプレイ広告クロスリスティングDSP

ホーム > ディスプレイ広告クロスリスティングDSP
パソコン向けリスティング広告 検索連動型広告 レモーラリスティング REMORA Listing クロスリスティングDSP ディスプレイ広告

クロスリスティングDSPとは

クロスリスティングDSPは、大量の検索データを保有するクロスリスティングDMPとの連携により「サーチリターゲティング広告」が配信できるという特徴を持ったDSP(デマンドサイドプラットフォーム)です。

もちろんサイトリターゲティングも配信できるため、「サイト訪問ユーザー」と「広告主の商品について検索しているユーザー」という非常に精度の高いセグメントを作成して、RTB(リアルタイムビッディング)により様々な媒体の広告枠にディスプレイ広告を配信することができます。

サーチリターゲティング広告とは?

ユーザーの検索キーワードをもとにターゲティングができる広告配信手法です。
ユーザーの興味関心や検討内容がダイレクトに反映される 「検索キーワード」をベースにしているため、
具体的で細やかなニーズに合わせて広告を配信することができます。

サーチリターゲティングの仕組み

サーチリターゲティングの仕組み

※サーチリターゲティング広告は、REMORA Listingでもご利用いただけます。(但しテキスト広告のみ)

保有する検索データについて

REMORA Listing提携パートナー

goo、ocn等のREMORA Listing提携サイトにおける検索データを豊富に保有しております。

提携サイト一覧はこちら
※一部パートナーのログは使用しておりません。

国内インターネットユーザにおけるカバー率

クロスリスティングDMPの検索データは、国内インターネットユーザ(モバイルを除く)の約3割をカバーしています。

■UB数: 2500万~3000万UB/月 ■国内インターネットユーザカバー率  約3割

ターゲットに応じた戦略的な運用

クロスリスティングDSPは、キーワードで購入意欲やニーズの顕在・潜在等の具体的なターゲットセグメントを作成できるため、各ターゲットに合わせた戦略的な広告運用を可能とします。

ターゲットセグメント別の運用方針

ターゲットセグメント別の運用方針

お申込み・お問い合わせ

このページのTOPへ