検索ワード分析の特徴 | 検索ワード分析

ホーム > 検索ワード分析 > 検索ワード分析の特徴
検索データ解析検索ワード分析
検索ワード分析の特徴

約3,000万ユーザーの検索データを使用

分析に使用するデータは、大手ポータルサイトを中心とした約3,000万ユーザーの膨大な検索キーワードです。複数のポータルサイトのデータを利用しているためユーザー属性に偏りがありません。

ユーザーの潜在的な関心を分析できる

日常生活の中で自然に検索されたキーワードを分析することにより、潜在的なニーズや興味関心がわかります。
また、アクセス解析ツールなどで取得できるリファラーワード(サイト訪問に至った検索キーワード)とは異なる観点でサイト訪問者の分析を行うことができます。

分析期間を自由に設計できる

クロスリスティングでは、過去数年分の検索データを時系列で保有しているため、季節変動や年間のトレンドも調査できます。

分析対象者を自由に設計できる

検索ワード分析用のタグをサイトに設置いただくだけで、例えば、サイト訪問したが商品を購入しなかったユーザーと商品を購入したユーザーの比較ができます。   
さらに、タグ設定で顧客に関する情報も加えると、ヘビーユーザーとライトユーザーの比較や、購入商品別の比較、男女の比較等も可能です。   
また、タグ設置をしなくても、「○○」を検索したユーザーや「○○」を検索しなかったユーザー等を分析対象にするといったことも可能です。

検索データ活用 検索ワード分析