レモーラリスティング運用10本ノック | リスティング広告レモーラリスティング

ホーム > リスティング広告・PPC広告のレモーラリスティング> レモーラリスティング運用10本ノック
レモーラリスティング10本ノック

レモーラリスティング運用10本ノックとは?

リスティング広告を導入する目的は、商品購入/会員登録/資料請求/認知度向上など、サイト運営の「成果」を上げることに尽きると思います。“運用10本ノック”では、運用中に発生するさまざまな課題や対処方法などを挙げ、レモーラリスティングを活用するためのポイントを初心者の方にもわかりやすくご紹介していきます。
導入をご検討中の方も、すでにご利用されている方も、広告効果の最大化に向けてぜひお役立てください。

運用に欠かせない3つの指標

リスティング広告はすぐに掲載を開始できるメリットがある反面、検証と改善を行わないとパフォーマンスを最大化できないという特徴があります。運用中は主に「インプレッション数」「クリック率」「コンバージョン率」という3つの指標を見て、どの指標が課題を抱えているのかを把握しておくことが大切です。
改善策はこれらの数値を目標に近づけてく作業になりますので、まずはそれぞれの意味を確認しておきましょう。

◎インプレッション数(広告表示回数)

検索結果ページに広告が表示された回数のこと。数値は主にキーワードやCPC(クリック単価)に関連しています。

◎クリック率(CTR)

広告表示回数のうち、何パーセントの確率で広告がクリックされたかを表します。
数値は主にキーワードや広告文に関連しています。

計算式:
CTR(%)=クリック数÷広告表示回数×100

◎コンバージョン率(CVR)

クリック数のうち、何パーセントの確率でコンバージョンしたかを表します。
数値は主にキーワード、広告文、ランディングページに関連しています。

計算式:
CVR(%)=コンバージョン数÷クリック数×100

このページのTOPへ