レモーラリスティング運用10本ノック | リスティング広告レモーラリスティング

ホーム > リスティング広告・PPC広告のレモーラリスティング>運用10本ノック >6本目:ランディングページを最適化するんだ!
レモーラリスティング10本ノック
6本目:ランディングページを最適化するんだ!
カントク

キーワードをバランスよく登録し、クリック率の高い広告文を作っているのに、思ったほどコンバージョン数が伸びていない。というケースを見てみるとランディングページ(=広告のリンク先URL)が適切に設定されていないことが多いようだ。

今回は「最適なリンク先とはどのようなものか?」をテーマにするので、CV率改善の参考にしてみてくれ。

みなみ

広告をクリックするユーザーは、その広告の内容に興味を持ち、何らかの目的を持ってサイトを訪問するのよね。欲しい物を探していたり、サービスに魅力を感じたり、あるいはすでにサイトを知っていて、今すぐに商品を購入したいのかもしれないわ。

スポーツ用品の総合通販サイトを例にとってみましょう。

あなたならどういったページをリンク先に設定する?

この広告をクリックした時、さまざまなスポーツ用品を掲載しているトップページに飛んでしまったら、ユーザーに“ここからサッカーのユニフォームを探すのは手間がかかりそうだ”という印象を与えてしまうかもしれないわね。
この場合は、「サッカーのユニフォーム一覧ページ」がユーザーの検索目的に合っていると考えられるわ。

カントク

このスポーツ用品通販サイトの場合、下の図のようなページ構成となる。キーワードに対する適切なランディングページの例を挙げるので参考にしてみてくれ。
ランディングページを設定する時は、「どのページに誘導したらスムーズに商品を購入できるか」を、ユーザー目線で考えることが大切だぞ。

みなみ

レモーラリスティングでは広告を作成する際、広告文にリンク先を設定する必要があるの。さっきのスポーツ用品通販サイトの場合、「サッカー」というグループの広告文には、サッカー用品のトップページをリンク先にすると効果が期待できるわね。
逆に、「サイト名」や「スポーツ用品」などのグループの場合は、ユーザーの目的を絞り込まず、トップページに設定することが好ましいわ。

広告のリンク先URLを設定するには・・・
1.管理画面からグループ名をクリックし、 「広告文一覧」へ
2.新規の場合は「広告文の新規作成」、変更の場合は該当の広告文をクリック
3.編集画面内にある「リンク先URL」欄に新しいリンク先URLを入力
4.入力後、「登録する/変更する」をクリックして完了
※リンク先URL変更の際には、必ず掲載可否審査が必要となります。
審査完了まで管理画面には反映されませんのでご注意下さい。
みなみ

「サッカー」というグループを作った場合でも、その中のキーワードは多岐にわたるわよね。より詳細なページに誘導したい時は、キーワードごとに個別のリンク先を設定することもできるのよ。

カントク

例えば「日本代表 ユニフォーム」という検索キーワードの場合、ユーザーは「日本代表のユニフォームを探している」という可能性が高い。だからリンク先はユニフォーム一覧ページより、日本代表に絞り込まれたページの方が検索目的に合っていると考えられるぞ。

キーワードごとにリンク先URLを設定するには・・・
1.管理画面からグループ名をクリックし、 「キーワード一覧」へ
2.個別URLを設定したいキーワードをクリック
3.編集画面内にある「リンク先URL」欄に新しいリンク先URLを入力
4.入力後、「登録する」「変更する」をクリックして完了
カントク

広告グループ内に同一の広告文を2つ作成し、それぞれ異なるリンク先URLを設定すれば、広告文はまったく同じでランディングページだけが異なる広告を同時に出稿することができる。
一定期間掲載後、CV率の良い方だけを残したり、さらに別ページでの再テストを繰り返したりしていけば、広告効果は改善されるだろう。
では、健闘を祈る。

今日のポイント

このページのTOPへ