レモーラリスティング運用10本ノック|リスティング広告レモーラリスティング

レモーラリスティング10本ノック
2本目:レポートを活用するんだ!
カントク

広告効果の改善は日々のレポート確認からはじまる。今回はレポート機能について紹介しよう。レモーラリスティングには色々なレポート機能がある。
例えば、広告グループ別/広告文別/キーワード別でチェックしたり、期間を指定して表示回数やクリック数の推移をグラフ表示させることもできるんだ。

みなみ

下の図は、あるキーワードの1ヵ月分を日別で表示させた時の例よ。 日々の数値はもちろん、グラフでも表示されるから変化があった場合には一目で把握できるわ。運用を始めたばかりなら、まずは「表示回数」「クリック数」「ご利用金額」がどう変動しているかをチェックするといいわよ。

キーワードの日別レポートを見るには・・・
1.管理画面の「レポート」から、「全体キーワードパフォーマンス」へと進む。
2.見たいキーワードの「日別」をクリック。
3.期間を指定して「レポート表示」をクリック。
図1
カントク

レポートの期間は任意に設定することができるから、季節ごとの推移や時事的な要因を確認したい時にも役立つんだ。
レポート画面を開いた時には「ご利用金額」のグラフが表示されているが、「表示回数」「クリック数」「コンバージョン数」など、確認したい項目ごとにグラフを表示させることもできるぞ。

グラフの表示項目を変えるには・・・
1.「ご利用金額(円)」と表示されている枠のボタンをクリック。
2.メニューリストから、見たい項目を選んでクリック。
図2
みなみ

それから、レポートでは広告文ごとのクリック率を見ることもできるのよ。
広告文の変更前後での違いや、異なる広告文のテスト結果検証に活用してね。
広告文による数値の変化はクリック率として表れるから、上の図の「クリック率(%)」を選択してグラフを表示させると視覚的に推移を確認できるわ。

カントク

「思うように広告効果を改善できない」という声には、次のような共通点があることが多い。
・短期間のデータを見て、その場その場で変更している。
・目標値を決めなかったため、ゴール地点がわからなくなった。

策を打つ時はまず、じっくりとレポートを観察し、改善ポイントや目標を事前に決めておくことが大切だ。 1週間や10日間など短期間のデータで効果の良し悪しを判断することも、あまり好ましくないな。1ヵ月間、季節ごとなど、予め期間を想定してからの施策であれば目標値に対しての効果も検証しやすく、結果を次につなげることができる。
価値のある改善策を打ち出していくためにも、ぜひレポート機能を役立てくれ。では、健闘を祈る。

今日のポイント
3本目「クリック率を上げるんだ!」につづく

このページのTOPへ