デジタルマーケティングならクロスリスティング | プレスリリース

ホーム > プレスリリース > ニフティに検索連動型広告サービスとディレクトリ型検索エンジンを提供
プレスリリース

ニフティに検索連動型広告サービスとディレクトリ型検索エンジンを提供

2006/05/01

クロスリスティング、ニフティに検索連動型広告サービスとディレクトリ型検索エンジンを提供

クロスリスティングの検索連動型広告サービスとディレクトリ型検索エンジンをニフティが採用

〜5月から広告配信、5月中旬からディレクトリ型検索エンジン提供を開始〜


 エキサイト株式会社とNTTレゾナント株式会社の合弁会社である株式会社クロスリスティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田村博巳、以下クロスリスティング)は、ニフティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:古河建純、以下ニフティ)と、クロスリスティングの検索連動型広告「Remora Listing(レモーラリスティング)」の配信とディレクトリ型検索エンジン「Monkey Pod(モンキーポッド)」ならびに「Monkey Pod(モンキーポッド)」へのディレクトリサイト登録審査サービス「Xrecommend(クロスレコメンド)」の提供について、パートナーシップ契約を締結いたしました。

 この契約に基づき、ニフティが運営するインターネットサービス「@nifty(アット・ニフティ)」の検索結果に、「Remora Listing」の広告配信が開始されます。

 また、5月中旬から、ニフティのインターネット検索サービス「 @search (アット・サーチ)」のインターネット・カテゴリー検索が「Monkey pod」による検索に生まれ変わり、「Xrecommend」に登録されたユーザーのサイトが、ニフティの「@search」にも表示されることとなります。

 クロスリスティングは、2006年1月10日より、「Remora Listing」の配信、「Monkey Pod」ならびに「Xrecommend」の提供を、以下のパートナーサイトに向け開始しています。
 クロスリスティングでは国内最大級のリーチを誇るリスティングネットワークを展開しておりますが、今回「@nifty」がこのパートナーサイトに加わることにより、クロスリスティングのパートナーネットワークは、さらに強固なものとなります。


●パートナーサイト(2006年5月1日現在)
 「@NetHome」(アットネットホーム株式会社)
 「@nifty(アット・ニフティ)」(ニフティ株式会社)
 「Apple.excite」(エキサイト株式会社)
 「エキサイト」(エキサイト株式会社)
 「OCN」(NTTコミュニケーションズ株式会社)
 「ODN」(日本テレコム株式会社)
 「goo」(NTTレゾナント株式会社)
 「So−net」(ソニーコミュニケーションネットワーク株式会社)
 「DION」(KDDI株式会社)
 「hi−ho」(パナソニック ネットワークサービシズ株式会社)  
  他6社

 検索連動型広告「Remora Listing」は、オークションモデルではない、ローテーションモデルのクリック課金型検索連動型広告です。
 安価な価格設定、長い、詳細なタイトルと紹介文、適切なサブページによる誘導で、高いコンバージョン率を実現します。

 ディレクトリ型検索エンジン「Monkey Pod」は、「goo」が保有するディレクトリデータベース(登録サイト数26万件/平成17年9月末現在)を基に改良したもので、豊富なジャンルから適切なサイトをすぐに探し出せるディレクトリ型検索サービスを提供します。

 ディレクトリサイト登録審査サービス「Xrecommend」は、クロスリスティングのサイトのほか、「エキサイト」「goo」をはじめとしたパートナーサイト経由または販売代理店様経由でのサイト登録依頼に対し、登録の可否の審査を迅速に行なう登録審査サービスです。
 審査を通過したサイトは、パートナーサイトのディレクトリに登録され、サイトのアクセス数アップが期待できます。


【 クロスリスティング 】( http://www.xlisting.co.jp/ )
 クロスリスティングは平成18年1月10日よりPCユーザー向けのサービスを開始しました。インターネットポータルサイト「エキサイト」「goo」をはじめ、多くのポータルサイトに検索連動型広告、ディレクトリ型検索エンジン、ディレクトリ登録審査サービスを提供しています。インターネットユーザーの 2/3以上にリーチするリスティングメディアとなっております。(※ビデオリサーチ2005年11月のデータより)
 4月3日からは携帯電話ユーザー向けのサービスも開始しており、PCユーザーに留まらず携帯電話ユーザーへも、サービスを展開していきます。

【 NTTレゾナント 】(ポータルサイト「goo」: http://www.goo.ne.jp/ )
 NTTレゾナントは、インターネットポータルサイト『goo』の運営などを主な事業とし、平成16年4月1日に営業を開始しました。『goo』は、1か月あたり約3,020万ブラウザ※からのアクセスを有する、日本を代表するインターネットポータルです。サービスの中核である「検索サービス」ではWeb ページの検索サービスのみならず、辞書や地図、その他各種実用情報などの多彩且つ膨大なデータベースの検索サービスを提供しています。また、併せて「コンテンツ」「パーソナル便利ツール」「コミュニティサービス(約 612万会員)」等の幅広いサービスも提供しています。また、それらサービスへのアクセス者数を背景として、国内屈指のネット調査サービス「gooリサーチ」等を、主に法人向けに提供しています。
※2005年10月の弊社ログシステムより、『goo』へのアクセスデータから、当該期間中にアクセスされたユニークブラウザ数をカウントし算出。

【 エキサイト株式会社 】(エキサイト: http://www.excite.co.jp/ )
 市場名:JASDAQ、 証券コード:3754
 エキサイト株式会社が運営するインターネット情報サイト『エキサイト』は、検索サービスを軸にクオリティとオリジナリティの高いコンテンツ・サービスを多数提供しています。
 女性向けサイトNo.1の「Woman.excite」、エンターテインメント分野では総合音楽サイト「エキサイトミュージック」と音楽ダウンロードサービスの「エキサイトミュージックストア」、人気オンラインゲームを続々提供する「Game.excite」、公式モバイルサイトの「熱烈アニソン魂」や「カフェメロ」、ショッピングなどのECサイト、「ブログ」「翻訳」「携帯ホームページ」などの高機能ツールもいち早く提供しております。
 近年は、ハイクオリティなウェブマガジン「エキサイトイズム」「ガルボ」などが広く認知されています。さらにブロードバンドサービス「BB.excite」では、ADSLや光ファイバーを業界最安値の月額525円から提供。ブロードバンド向けコンテンツも充実させ、ブロードバンドカフェなどリアルな場での展開も拡大しています。